【宮迫博之】闇営業でテレビから消える。そしてYouTube開始!ヒカルとのコラボが面白い!

みなさんこんにちは!

「オフホワイトの不倫騒動」や「闇営業」などで世間を度々騒がせ、現在テレビから離れている芸人の宮迫博之さんが、2020年1月29日に「宮迫ですッ!」という名のYouTubeチャンネルを開始したとニュースにもなっていました!

動画のコメントでもやはり様々な意見があり、良くも悪くも話題になり登録者数も急上昇しています。

宮迫さんの動画の中でも特に視聴者からも面白いと好評だったのが、人気YouTuberヒカルさんとのコラボ動画でした!僕も拝見しましたが、二人とも面白すぎて思わず声に出して笑ってしまう程でした。

そこで今回は、宮迫さんのYouTubeを始めるまでの経緯、そしてヒカルさんとのコラボ動画について詳しくまとめていきたいと思います。




宮迫博之「闇営業」でテレビから消える

宮迫さんがテレビから消えるきっかけとなったこの騒動は知っている方がほとんどだと思いますが、簡単に説明していきます。

吉本のお笑い芸人が何名か関わったこの闇営業問題は、2019年6月に発覚しました。

内容としては、お笑い芸人であるカラテカの入江さんが所属事務所を通さず、振り込め詐欺グループから出演料を受け取る「闇営業」を行い、その中のゲストの一人として宮迫さんも参加し、100万円を受け取っていたという内容です。

最初は金銭を受け取っていないと言っていたのに、やっぱり受け取ってましたと発言したことに対して、ファンからも批判が多かった点であり、

僕もこの点については最初から事実を認めておけば、ファンからのアンチも少なくできたのではないかと思います。

そして、7月19日に吉本工業から契約を解消され、テレビには出演しなくなりました。

宮迫博之YouTuberデビュー!だが批判の声も。。。

テレビから消えて約半年後の2020年1月29日に、YouTuberとして初の動画を公開しました!僕もニュースで知った時はかなりびっくりしました。

登録者数も現在56.8万人と急上昇しています!

ただ、第一回目の投稿である「謝罪動画」では高評価12万に対し、低評価19万と圧倒的に批判の声が多くなってしまった結果となっています。

視聴者からの動画のコメントでは、「相方の気持ちを考えろ」「こんな形で見たくなかった」「YouTubeに逃げるな」など厳しい声が多かったです。

宮迫さん自身は、ファンの方に恩返しがしたい、今の自分を表現する場としてYouTubeを選んだとおっしゃっていました。なので、批判の声もしっかり受け止めて覚悟を持って今後取り組んで頂きたいですね!




人気YouTuberヒカルとのコラボが面白いと反響!

宮迫さんの2つ目と3つ目の投稿動画で、あの人気YouTuberヒカルさんとコラボしてる動画が公開されていました!まず、YouTubeを始めてすぐに人気YouTuberとコラボ出来るなんて普通じゃあり得ないですよね。笑

ヒカルさんといえば、今やチャンネル登録者数364万人の超人気YouTuberで、YouTuberの先駆者の一人と言っても過言はありません。そんなヒカルさんの武器はやはり芸人並みのトーク力だと思います!

今回の宮迫さんの動画でも、そのトーク力を活かし視聴者からのコメントも高評価が多かったです。例えば、「ヒカルのいじりと宮迫のツッコミが面白すぎる」「ヒカルのおかげで宮迫が生き生きしてる」「ヒカルまじですげーな」などがありました!

僕個人としても、ヒカルさんが大物芸人の宮迫さんをいじりまくっているのがかなり面白かったです!笑

また、ヒカルさんのチャンネルでも宮迫さんとコラボしており、「大スター宮迫にサイゼ奢ってみた」という企画もあって、僕らでもよく行く普通のファミレスに来ておもしろおかしく雑談しながら食レポをしていました!

再生回数も220万回再生と伸びていて、視聴者からのコメントも二人ともに対して称賛してる声も多く、宮迫さんのアンチもだんだん減ってきているなと感じました!




宮迫の今後はどうなっていくのか?

宮迫さんがYouTubeを始めた当初は、批判の声がほとんどでしたが、だんだん本来の宮迫さんの良さも出てきているので、支持していく方も増えていくのではないかなと思います!

実際にチャンネル登録者数もすごい勢いで伸びていますしね!

そして今回のヒカルさんとのコラボによって、二人ともの良さが本当によく出ていたのではないでしょうか?元々アンチも多かったお二人ですが、二人のことを好きになったファンも多いと思います。

ヒカルさん自身も、宮迫さんと今後も世間をアッと言わせることをしていくと言っていたのでお二人の今後にも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする