【一宮にこ】昔は太っていた?12キロ痩せたダイエット方法を大公開!

みなさんこんにちは!

突然ですが、
モデルや美人YouTuberの方で、今は痩せていて綺麗な方でも、
昔はとても太っていたという方もよくいらっしゃいますよね?

そういった方のダイエットの体験談は、
「自分でもダイエットを頑張れそうだな」と勇気を与えてくれます。

そこで今回は、美人YouTuberで実際にダイエットに成功した方を紹介していきます。

その美人YouTuberとは誰かというと、、、「平成フラミンゴの一宮にこ」さんです!

TikTokだけでなく、YouTubeでも大活躍している平成フラミンゴの一宮にこさんも昔は太ってたと動画で言っていました。

そんな一宮にこさんですが、なんと「−12キロのダイエット」に成功したらしいです!

実際にどうやって痩せたのか、そのダイエット方法に関しても動画で話されていたので、まとめたいと思います。


一宮にこが太っていた理由とビフォーアフターの写真

まずは、やっぱり一宮にこさんが太っていた当時がどんな体型だったのか気になりますよね?

なので、まず一宮にこさんが太っていた当時のお写真をご覧いただきます。

一宮にこさんが太っていた当時の写真はこちら!

うーん、、、確かに今と比べると顔が少し大きいような気がしますね。笑

では、なぜ今と比べて太ってしまったのでしょうか?

その理由を動画内で語っておられました。

主な理由としては、
・当時は住宅営業をしていて移動が全て車だった。
・当時付き合っていた彼氏が体重90キロだった。
・その彼と毎日外食をしていた。

などが理由らしいです。

仕事で歩いたり自転車に乗ったりすると良い運動になりますが、車だとなかなか痩せられないですし、たしかに彼氏がよく食べる人だと、つられて一緒に食べてしまいますよね。笑

また彼氏が90キロだったということもあり、自分が少し太ったとしても気づかなかったのかもしれないですね。

その後、当時の彼氏と別れて、自分が太っていることを自覚することとなり、痩せることを決意したそうです。

そしてダイエットをし、12キロ痩せた後のお写真がこちら!

いや、めちゃくちゃ可愛いですね。笑

てか、今より痩せてないですか?

実際に、一宮にこさんも「今の自分、割と太ってるんじゃね?」とおっしゃってました。笑

まぁそんなことはさておき、ダイエットに成功されたのは事実なので、どうやってここまで痩せたのか気になりますよね?

では、実際にどうやってダイエットに成功したのかを詳しくまとめていきたいと思います。


一宮にこのダイエット方法は?

そもそも一宮にこさんはダイエットという言葉が嫌だったらしく、
ダイエットをするのではなく”デブ習慣を変える”ことをされたそうです。

これには僕も、なるほどな〜と思いましたね。笑

ダイエットと考えるとしんどいから、太る習慣を変えるという目標にシフトチェンジしたわけですよね。

では、実際にどんな習慣を変えたか一個ずつ紹介していきます!

精神面を変える

まずは、運動とかではなく精神面を変えるようにしたそうです!

「自分は何をしても痩せる」と思い込むことで痩せやすくさせるという、
一見すると荒技にも思えますが、”病は気から”ということわざがあるように、
実際に自分が思っている現象を起こしてしまうこともありますからね。

一宮にこさんらしい精神面の変え方で少し笑えました。笑

姿勢を変える

ここからは実際の行動の習慣をどう変えたかについて紹介していきます。

まずは、姿勢を正すように変えたそうです!

姿勢が悪いと、
・骨盤が歪んでボディーラインがぼやけて見えてしまう
・消化機能に悪影響になる

とおっしゃってました。

元々猫背だったらしく、自分が今猫背になっているな〜と気づいたら
上から頭を引っ張られているような感じで、姿勢を良くするように意識したそうです。

確かに姿勢が良いと、スタイルもよく見えますよね。

座り方を変える

続いて、姿勢を変えるついでに、座り方も変えたとおっしゃってました。

どう変えたかというと、
・お尻を背もたれにつける
・ただし背もたれには背もたれない
・背筋は背もたれと並行にする
・太ももをくっつける

という感じに変えたそうです。

特に太ももをくっつけることで内ももが鍛えられて、足のラインが綺麗に見えるという効果があるみたいですね!




歩き方を変える

そして次は、歩き方を変えたそうです!

「お尻が出るような歩き方をすると足が太くなるよ〜」とモデルの友達に言われ歩き方を変えたのだとか。

モデルさんがいうなら間違いないでしょうね。

具体的には、
・お尻を前に出すような意識で引き締めて歩く
・真っ直ぐの線を歩くイメージ
・かかとからつま先への体重移動を意識する
・足の内側の筋肉を意識して歩く

という感じに変えたそうです。

また、エスカレーターとかエレベーターを使わず、とりあえずたくさん歩くのを意識することも大事だとおっしゃっていました。

毎日湯船につかる

そして次は、毎日湯船につかるように改善したそうです。

毎日30分〜40分ぬるめの湯船につかることで、
・汗をかいて老廃物を出してくれる
・基礎代謝が上がることで、何もしなくてもカロリーを消費してくれる
・ストレス解消効果

のような効果があるみたいですね!

湯船につかることは、痩せやすい体を作るのに最適だったのは僕も知らなかったです。

僕は全然浸からないので、たまには浸かるようにしてみようと思います!

乳酸菌を取る

そして、ここからは食事面で改善されたことの紹介をしていきます!

まずは乳酸菌を取るように改善したそうです。

R-1のヨーグルトを1日1本飲むことで、乳酸菌を取るようにしたとおっしゃってました。

乳酸菌を取ることで、
・善玉菌が増えることで消化吸収を助けてくれる
・老廃物を出してくれる
・免疫力が高まる
・美肌になる

などのメリットがあるそうですね。

いや、乳酸菌かなり最強すぎません?笑

R-1ヨーグルトが人気なのは知ってましたが、その理由までは知らなかったので、これだけ体に良いなら僕も買ってみたくなりました。

水を1日に2〜3リットル飲む

続いては王道ですが、水を1日に2〜3リットル飲むという習慣をつけられたそうです。

水を飲むことで、
・血液リンパの巡りが良くなる
・むくみが取れる
・基礎代謝が上がる
・ストレスや不眠の解消

などの効果があるみたいですね。

たしかに、モデルさんとか女優さんで水をたくさん飲んでる人は多いと聞きます。

僕もよく楽天で水をダンボールで箱買いしたり、浄水器を買ったりして水をたくさん飲むようにしています。

特に浄水器は長い目で見るとかなり安く、いつでも好きなだけ飲めるので
たくさん飲みたい方にはオススメですよ。

白湯を毎朝のむ

続いては、白湯を毎朝飲むことを習慣にされていたそうです。

白湯を飲むことで、
・基礎代謝が上がる
・冷え性にも効果がある
・便通も良くなる
・美肌にも良い

という効果があるみたいですね!

自分でも気になったので白湯について調べましたが、
・適性温度は50度前後
・飲む量は1日に700~800mlを目安にする
・食後30分の間に飲むと、消化を遅らせてしまうのでやめる

・就寝前に飲むとトイレに行きたくて目が覚めてしまうので避ける

ということを意識することも大事みたいです。

一宮にこさんも「これ飲むしかなくね?」とおっしゃっていました。笑

ぜひ実践してみましょう。

夜は白ごはんを控える

これも王道にはなりますが、夜は白ごはんを控えることも実践されていたみたいです。

一宮にこさんは、白いご飯だけで50杯くらい食べれるほど大好きらしいですが、
全く食べないというのも逆効果なんだとか。

というのも、炭水化物はカロリーを燃やしてくれるからだそうです。

なので、白ごはんを全く食べない日もあれば、少し食べる日を作ったりしていた
とおっしゃっていました。

美脚トレーニング

最後は、美脚トレーニングでのダイエット方法です。

こちらは動画で見た方が分かりやすいと思いますので、動画を貼っておきます!

動画の11分くらいのところで、美脚トレーニングの解説をされてましたのでよかったら見てみてください。

ベッドなどに寝転んで、足を開いて閉じるという筋トレを10回×3セットされてるだけの簡単な美脚トレーニングなので、初心者の方でも始めやすいと思いますよ!

きつい筋トレは長続きしないという方はぜひ試してみてください。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

美人YouTuberとして人気が高まってきた一宮にこさんですが、過去には太っていた時期もあったんですね。

こういった、自分の過去の姿も面白おかしく話してくれますし、ダイエット方法などの為になるお話もしてくれるので、本当にこのチャンネルは見ていて飽きないです。

こういった実体験を聞くと、自分にも出来そうな気がしてきますよね!

一宮にこさんが紹介されてたのはどれも簡単に始められるものばかりなので、明日やろうではなく今日からでも実践してみてはいかがでしょうか?

この記事を見て頂いている方の参考になれば嬉しいです!

また、一宮にこさんの愛用のコスメや彼氏の情報や出身などの詳しい記事も書いてますので、よければ合わせて見てみて下さい。

【一宮にこ(平成フラミンゴ)】愛用のコスメや年齢/出身/事務所は?本当に彼氏はいないの?

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする